車の「フロントガラスをカスタムする」新しい発想



      このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車のフロントガラスの修理

自動車のフロントガラスは、ある程度の力でたたいても簡単に壊れるものではありませんが、意外にちょっとしたことでも傷ついてしまいます。

人力では簡単に傷をつけられるものではありませんが、刃物を使用したり走行中に小さな石が飛んできてそれがフロントガラスにあたれば、傷がついてしまうこともあり、特に高速道路などでスピードを出す環境にあれば、細かい石ころでも簡単に傷ついてしまいます。

飛び石などでフロントガラスに大きな亀裂が入った場合は、フロントガラスを交換することになりますが、小さな傷だった場合はそのまま放置するといった方も少なくはありませんが、フロントガラスの小さな傷をそのまま放置しておくと、傷がどんどん広がって亀裂になってしまうこともよくあるので、早急な対応をするようにしましょう。


修理にかかる費用

気になる自動車のフロントガラス交換にかかる費用ですが、これは車種やフロントガラスに使用されている材質や形によっても様々です。

またフロントガラスについた傷の程度によっても修理費用は大きく変わってきます。

自動車のフロントガラスの傷が500円玉程度のものであれば比較的に簡単に修理することが可能で、場合によっては修理工場などに依頼しなくても、リペアキッドなどを購入して自分で修理することも可能で、また修理工場などに修理をお願いしても、それほど高額な金額を請求されることはないでしょう。

ただし簡単な補修をした場合は、痕が残ってしまうことになり、補修した箇所は経年劣化してしまうので、これは大きなデメリットと言えるでしょう。

また傷がついた箇所によっては、小さな傷でも補修ができない部分もあり、これはガラスのふちに近い場合です。

ふちに近いとどうしてもリペア用の道具を使用することが難しくなり、さらにガラスが欠けていたりえぐれたりしている傷も補修はできないので、この場合は修理工場などの専門業者に修理を依頼するようにしましょう。


とにかく早めに修理をすること

自動車のフロントガラスの修理で最も大事なことは、どのような傷でもとにかく早めに修理をするということで、フロントガラスについた傷は気温などの変化によっても大きくなってしまうことがあり、一般的に小さな傷の場合は修理代も安くなりますが、大きくなればなるほど費用はどんどん高くなってしまいます。

ABOUT

運営者
クリアビュー・ドライブサポート
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。